総務省の緊急提言って?2019年の4月から何かが変わる?

スマホ画像ケイタイニュース

最近スマホをめぐってちょっとしたニュースになっている『緊急提言』。

『緊急』というからには、何かを急いでいるのだとは理解できますが、一体何のことでしょう?

王様
なんだろうね~??

実は、この提言によってこの4月からいろんなコトが変わってしまうかもしれないのです。

一体どんなコトが変わるのでしょうか??

総務省の緊急提言って?2019年の4月から何かが変わる?

『緊急提言』ってダレが言った?

2018年に政府の官房長官が携帯電話料金について「まだちょっと高いんじゃないか?」ということを言いました。

総務省のお役人さんたちは、専門の人たちを呼んで「モバイル市場の競争環境に関する研究会」という集まりを作り、料金が安くならないのかを話し合ったのです。

王様
UQモバイルは十分安いケドね~。

そうですね。

実はこの会議は、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)についての話し合いでしたので、直接はUQ等の格安SIMには関係は無いのですが、波及は少なからずあるでしょう。

そして、この研究会で「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」が発表されました。

端末代金の完全分離

この会議で提言された事柄はいくつかあるのですが、中でも注目されているのは通話料金と端末代金の完全分離です。

王様
どどど、どういうコト?

携帯電話の料金というのは、端末の購入金額を毎月の通話料金に組み込んで、その代わりに端末を安く手に入れるというのが主にされている場合が多いのです。

そのおかげで、実際には何万円もする端末を誰でも手にして、みんながスマホを楽しむことができるようになりました。

王様
じゃあ良いコトじゃないか?

しかし、その方法だと、ユーザーは端末の代金を払い終わるまで、ほかのキャリアに移れません。

王様
ま、そうだろうね。

また、ユーザーを集めるために「0円スマホ!」や「安いiPhone!」などのキャンペーンをキャリアが行う場合、その端末の代金は「他の人たち」が支払うことになります。

王様
「他の人たち」って?

それは実はそのキャリアのユーザー、利用者の通話料金から支払われます。

大手キャリアが新規の利用者を集めために、古くから高い料金で利用してるユーザーから、そのキャンペーン資金を集めている状態ですね。

王様
そりゃあ不公平だ!

そうですね。

研究会で話し合われたのは、これが携帯料金の下がらない一つの理由だと指摘されたのです。

そして『緊急提言』として、通話料と端末代を分離するように総務省から発表されたのです。

2019年4月から?

そういうわけで、auとソフトバンクはこの「分離プラン」を導入したのですが、ドコモはこの春からの導入を発表しています。

しかし、それによって大手キャリアの「0円スマホ」が実質禁止になるわけですから、新しくスマホを購入する人は残念ですね。

王様のひとりごと
ますます、UQモバイル等の格安SIMが台頭してくるね~。
UQモバイル(ユーキューモバイル)のご契約とご購入はコチラから!!


ケイタイニュース
busan00をフォローする
ユーキューモバイルの王様|UQ利用者のホンネってナニ?キャッシュバックの受け取り方法も!